舘 造 園 (タチゾウエン)

           

HOME・プロフィール ≫ weblog ≫


 

2022.11.14 乾燥中!

20F1E5DE-AC59-43A2-93D4-DB6975B65DB8_コピー
秋晴れは嬉しいのですが、土も乾燥しています。
植栽後間もない植木や植物には特に気を使い水遣りをしてください。

写真は今朝の山椒(サンショウの葉と実)です。実ものがかわいい季節ですよね!

2022.11.13 美和木材協同組合

F94CD72F-8C96-4EF9-A722-A9EB43DF1F25_コピー
舘造園の植木畑ですが、写真の御三方は林業の方です。
庭木レベルをとっくに超えている木について夫が相談し、伐採してもらうことにしたのです(サラッと書きましたが、ここまでが大変でした)。

信じられないほど手際の良い皆さんの仕事ぶりは気持ちが良く、家族皆で見惚れ、感心し、父も夫もあれこれ質問をしていました。
命がけの作業なのに朗らかな雰囲気の中で作業を進める皆さん。笑い声までよく聞こえてくる素晴らしいったらありゃしないプロフェッショナルな方々でした。

知り合いでもなんでもない美和木材協同組合さんには、まず夫が電話をかけました。すると現場の下見から作業内容、見積もり、作業日の決定までをパパッと進めてくださり、舘造園とはえらい違いでした(言われる前に書きました)。

この写真、ものすごく気に入っております!ポスターサイズにプリントしたいくらいです。

 
FC6E058F-3BCE-4987-A63E-C9E0A12976AC_コピー
倒れる瞬間です。
クサビを打ち込む音、幹の裂ける音、ドッシーーンという地響きをイメージで追加して頂けますと、臨場感が10倍増しで再現されるはずです。

 

2022.11.12 水戸市K邸

2CF2E50E-AB8F-425C-9D28-D3DBA55F415D_コピー
今週作庭工事を行っていたお宅です。
駐車場から玄関までは鉄平石。
CAF5C498-F4DB-40B0-A0C5-91DFB6343A13_コピー_コピー_コピー
来春の芽吹きも楽しみなK邸ですが、壁に映る冬木姿の落葉樹の影も美しいお宅です。

住宅設計・施工/SEED設計室kibako(茨城県東海村)

2022.11.11

50F4B557-8BDA-4CD9-BC93-EB09F7D2E6FF_コピー
D648BCD6-7418-4A81-9761-780B6FF87BC2_コピー_コピー_コピー
今週通っていたこちらのお宅(水戸市K邸)の設計・施工はSEED設計室kibaco(茨城県東海村)さんです。
Kさん自ら、家はSEED(野田)さん、庭は舘(さん)と計画してくださり、そのお蔭で今回初めてSEEDさんとお会いできました。
この写真だけでも想像がつくかもしれませんが、どこまでも大らかで、住む人にストレスをとにかく与えない!という気合を強く感じるお宅です。
そしてそれは野田さんそのものでもあるような気が私はしています。
この写真では切ってしまいましたが、軒下が広々していて気持ちの良いお宅です。

軒下の一部には広々とした水場(水道)、写真正面奥の大きな物置、そして薪置き場と、屋外での作業も薪を使う生活も日々されている野田さんだからこその計画だと感じました。
 

2022.11.10

昨夕、上の子供に対し、ものすごく頭にきたので(なのに今その理由を思い出せない!)、
「もうーっ、ばば(夫の母のこと)直伝の寝たふりしてやるーー!」と私が居間で毛布を被りながらカリカリ怒っていると、近くにいた下の子供から「そういうの直伝って言うの?」と質問されました。
母直伝の聞こえないふりというのもあり、意外と役に立ちます。
その母はお味噌汁をボッコボコに煮立てます。でも美味しいです。フォローになっていますでしょうか?
その他にも「寒い時は野菜でもお豆腐でもなんでもお湯で洗っちゃいな」などなど、適当で自分にも他人にも優しい直伝がわんさかあります。

一昨日の皆既月食が始まった時間には、わざわざ電話をかけてきて「5円玉の穴から月見てみなー」と絶対にテレビで仕入れたであろう裏技を伝えてきました。夫は「なんだよ、それだけ?望遠鏡あるからっ」とウンザリしていました。私も自分がその電話を取っていたら嫌ですが、やり取りを聞くだけだったので非常に愉快でした。
 

2022.11.8

F25159CE-9904-4614-8F90-297D1FDB4EF8_コピー
作業を始めると汗ばむほどの秋晴れで、外仕事をしていても気持ちの良い日が続いています。

こちらは昨日から作庭工事を行なっているお宅ですが、薪置き場というのはほんとに絵になりますね。燃料が素敵ってすごいな、灯油じゃな…と思い憧れます(我が家は灯油を使っているので)。
手前の木は今日植栽したナラの木です。
何年後かは分かりませんが「大きくなり過ぎた、切りたいな」とお客様が感じた幹は根本から切り薪にしてくださいとお話ししています。
根本から出てくる新たな若い良い枝に対し「次はこの枝伸ばしていって…」と考えるのも楽しいと思います。

 

2022.11.6 夢

FF1FA6EA-C29B-4295-AD89-74F719481642_コピー
ニワトリを抱っこしたまま畑に突っ立った子供が、けなげな感じで「お母さん、これで卵は大丈夫だよ」と私に向かって言う夢をみました。
これは自分が思っている以上に物価の値上がりを恐れているに違いありません!

写真はこぼれた種から発芽したパクチーです。パクチーは二期作できて、そのまま来春以降も楽しめる私の味方です。
 

モバイルサイト

tachizoenスマホサイトQRコード

tachizoenモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!