舘 造 園 (タチゾウエン)

           

HOME・プロフィール ≫ weblog ≫


 

2022.12.27

予定より半日延びましたが、昨日の午前中で本年の作業を終えることができました。
ほっとしております。ありがとうございました!
ちなみにブログはまだ終えない予定です。

2022.12.24 

ふたつ前(12月14日)のここにKindleはキャンセルができないと書きましたが、返金できるそうです!(友人に教えてもらいました。)誤情報を堂々と書き、大変失礼いたしました。(ダウンロード状況、既読状況、過去の返金状況などにより方法や対応が違うそうです。)

私は説明をきちんと読み、段階を踏んで解決するということがものすごく苦手です。
ですので、ネットの情報入力ページ(全部完璧に入力しないとエラーとなり、次のページへ進んでくれないあれです)も大嫌いです。
しかし頑張ってそういうことが一つできると「成長できた!!」と心底嬉しく充実した気持ちになれますよね(実は昨日がそういう日でした。)

※舘造園は今日(土曜日)と明日(日曜日)まで、現場にてお手入れ作業を行っております。

 

2022.12.21

お手入れ作業が続いておりますが、予定通り終了できそうです。
この時期飽きずに感動できるのは、日帰り温泉と湯豆腐(または鱈ちり)と夜空でしょうか。どれも最高です。
これらに支えられつつ、子供の反抗期に立ち向かっております!

お豆腐が好き!と言っておきながらなんですが、今晩はケンタッキーです。嬉しいなぁ~。
 

2022.12.14  お気を付ください

昨日と一昨日の2日連続でしてしまった失敗、それは…
Amazonで紙の本を買うつもりだったのにKindle(データをダウンロードし読む本)で買ってしまったのです。以前にもやっているミスですが、2日連続はバカすぎます。
Kindleはキャセルできないのです。

昨日なんてですね、子供へのプレゼント本のつもりだったので、紙で欲しかったわけです。
それなのに購入した途端ダウンロードが始まってしまい「ああぁぁ…またやってしまった!」と焦る始末でした。
しかしKindleの良い所はその瞬間から読めること!ですので早速自分が先に読み始めました。結果面白いもっと読みたいとなり、その日のうちに読み終わってしまった罪深い母親です。

帰宅した子供に「今日さ、本を買ってあげようと思ってさー」と話しかけると「多分その続き分かる、だって昨日もでしょ」と言われてしまいました。

その面白かった本、プレゼントしようと思った本は…
『JK、インドで常識ぶっ壊される』熊谷はるか(著)です。JKは女子高生のことです。
父親の赴任で欧米だと思っていた転居先がまさかのインドだったという熊谷さんが、中学3年から高校3年までを過ごしたインドでの体験について、エッセイという形で書かれているのです。全てにおいてすごいな!です。

紙の本ではないので、「この本だけどね」とkindleの入った自分の汚れたタブレットに、表紙ページを表示してから子供に手渡すというカッコ悪い母親でしたが「あ、これ!」と喜んでもらえました。ですがやはり「こういう時は紙がいいね」とも言われました。ここにも書いたしもう間違えないように頑張るよ〜。
 

2022.12.13 寒椿(カンツバキ)

DSC05931_コピー
植木屋の中にはカンツバキのことを「カンツ」と呼ぶ人がいます。夫もそうです。
仕入れ先にもカンツで通ってしまうので、残りの「バキ」くらい言いなさいよ!とも最近は思わなくなってきてしまいました。

そのカンツですが多く流通しているのは濃いめのピンクです。ですので先週植木畑でこの花を見つけた夫からは「珍しくカンツの白が混ざってたよ、きれいだよ」と言われてました。
今朝になり、そういえば言ってたなと思い出し植木畑を探すとありました。
一枝折り、手にした時、葉の付き方がブローチのようで完璧すぎる!と思いその葉っぱを指の腹で拭きふきすると…葉のツヤツヤ度が増し更にブローチ感が出ました。

それにしても下の(昨日の)EXPO‘85の帽子が強すぎてカンツの良さが半減ですよ!
 

2022.12.12

8D49993A-C8AD-49D2-89FC-7A5696F70620_コピー
昨夕、日も暮れ外は冷え込んでいたにも関わらず、夫から「今日、倉庫でお宝発見したんだけど、外にあるから見てきてみなよ、絶対に(あなた)喜ぶから」と、ものすごく嬉しそうに促されました。
本当に良い物なら家まで運んでくるはずですので、どうせろくでもない物だなと思い、私は家の中で丸くなったまま動かなかったのですが、それでも夫は「見に行けばいいのに」と何回も言っていました。
さてそんなことも忘れ今朝外へ出ると、これと目が合ってしまいました。「そんなことだと思ったよ!」と思いつつ、にやける自分がおります。

私にはここで伝えるべきことがもっと他にもあるだろうよ、と思うのでこれでも控えておりますが、先日は夫曰く「フワちゃんの衣装か、っていうレベル」のポップで派手なスキーウェア(30年くらい前のもの)も出土しました(イナバ物置きから)。

楽しそう〜なんて決して思わないでください!この間まで手伝ってくれていた子供も「もう嫌だ」と言ってます。多くのことを学んだようです。
 

2022.12.9
 

88405213-D881-46A5-BC06-807DB9CAD02F_コピー

秋から年末にかけての期間に、1回でも多く植木のセリに行き、仕入れておきたい夫ですが、気が付けば年内も残り少なくなっておりました。そんな中、昨日はやっと那須のセリに行くことができました。

植木市場(舘造園の行く那須の市場)では、魚のセリのようにまずはその日市場に並んでいる植木をチェックし、そこでその日買いたい植木を決めておきます。
実際にセリがスタートしたら、自分の欲しい植木が競られるのを待ち、その時がきたら買える金額を叫び(そんな大きな声ではないです)食い下がれるところまでがんばります。
つまり基本的にはサザビーズのオークションと同じです。(全てが違うと言えば全てが違いますが!)
さて、昨日は帰宅した夫が開口一番「なんと倍!」と言いました。
つまり欲しい木がちょっと前までの倍額で取引されたそうです。「え!!1本も買えなかった!?」と聞くと、「どうにか欲しい木を10本くらい買えた」とのことでした。
ここからがまたすごくてですね、その市場では買った人が窓口に行き植木代を現金で支払い、それと同時にその窓口では植木を売った人が売上金を手にするのですが(手数料を植木市場に引かれます)、予想以上の高額売買により窓口の現金が足りなくなったそうで「購入した方はとにかく支払いを先にして下さい!現金が不足しています!」と昨日はなったそうです(全員が現金取引なわけではありません)。
「そんなの、ちゃんと用意しとけよ、」とボヤいている同業者もいたそうですが、夫は「なんかとにかくすごく活気があっていいと思った」と言っていました。

舘造園は現在仕入れる立場なので植木の高騰は勘弁してほしいのですが、元々は植木生産業だったこともあり、市場での植木価格に「これじゃあ生産者は続けられない」とも思ってきました。
だからこそ昨日は近くにいた生産者の人が、前なら60万円だったところ今日は120万円だった!というようなことを言っていても、夫は今までの苦労も分かるのでいいなともズルいとも思わないよと言っていました。
「それにしてもさ、みんなすごい金額でバンバン競ってく(セリ落としていく)のに、履いている靴はボロボロだったりするんだよ、いいよな~ああいうの」とも言っていました。

はい、ここまでお読み頂きありがとうございました。「で、倍額で仕入れた植木を使う舘さんの庭も倍額になるの?」ですよね。
まだまだそこまでの状況ではありません。しかしガソリンも使用する機械も防草シートも…値上げの現状ですので、数年前までと同じ価格ではありません。
でも、だからこそ夫も頭を使ってるようで、たまに「あ、いいこと思いついた!」と言います。
本当ににいいことかどうかは不明ですが、ひらめきって脳に良さそうなので、夫にはこれからもジャンジャンひらめいて欲しいです。
 

2022.12.6

82A3511D-64A8-484E-A087-C30D1896A8EB_コピー
先週の朝の様子です。ここ最近カラッと晴れず、しかも今日は寒くて寒くていよいよ冬が始まったような気がしています。
書けば解決するのかわかりませんが、夫は昨日年末までの予定を何度か紙に書いていました。
今朝は「多少の雨なら(お手入れ先に)行くから」と言い準備をし、出て行きました。
明らかに時間が足りないのでしょう。
お手入れ作業のラストスパートが夫なら、私は事務仕事のラストスパートです。油断するとすぐにたまるのが事務処理ですが、夫より余裕があります~。(こんなこと書くんじゃなかったと明日以降後悔しませんように!)

サッカー、夫は仮眠→観戦→また寝るだったそうです。私は祈るように今朝結果だけを見たので、そんな私が言えることなど何もございませんが、私にとって対戦相手国だったクロアチアと言えば隣国スロベニアです(無理矢理の話題ですがご勘弁を)。
大昔(20代の頃)に行ったのです。しかも図々しく人の家(2軒)にお世話になり「なんていい国なんだ人なんだ、この御恩はいつか!!」と思ったまま四半世紀。。。ザビエルの日本語の本、送って欲しいって言われたのになぁ、送ってないなぁというこの懺悔の心との付き合いも四半世紀になってしまいました。そろそろこのモヤモヤを取り除きたいのですが多分このままです。

*スロベニアはスロベニア語なので、意思の疎通は雰囲気(単語+単語)英語です。「あら?悦子さんペラペラ系?」と勘違いしないでください。単語並べる系です。

では事務仕事に戻ります。

 

2022.12.4

今週は研修生が来ていて、土曜日の昨日(3日)が最終日でした。女将としては「一週間、ご苦労さまでした!」としゃしゃり出ていきたかったのですが、金曜日(2日)にワクチン接種をしたら夜中からだるくなり始め、昨日は一日中不調で顔を合わせられず、申し訳なかったです。
そして今は日曜日(4日)。朝から「健康ってこういう状態か!」というくらいの完全復活です。

昨日はだるいだるいと1日中寝っ転がっていた私ですが、読書だけははかどり、鼻水が出るほど泣いたりもしていて、恐らく家族は「え??何なの?この人、だるいだるい言って家事は放棄してるけど、読書はバリバリできるんですけど、感動までしているんですけど!」と思っていたはずです(でもそれを言ったら多分反撃されると思い、言えない家です)。

だるい中、読んでいた本・・・
『命の停車場』、『ブラックウェルに憧れて』共に南杏子/著 
鼻水が出るほど泣いたのは命の…です。初めて読んだ作家の小説でした。出版社勤務から医者になり作家に転身されたという南さん自身にも興味が湧いています。
 

2022.12.2

サッカーワールドカップ、すごいことですね!
夫は朝から「三苫が、三苫が(うまいんだ)」と騒いでいますが、私の疑問は
「堂安はなんであんなにうまいのに(練習いっぱいしてるのに)日焼けしてないのか?堂安の髪はなんで乱れないのか?」で、今日もずっと疑問です、素敵です。
ちなみに私の頭は今日もボサってます。
 

モバイルサイト

tachizoenスマホサイトQRコード

tachizoenモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!