舘 造 園 (タチゾウエン

           

HOME・プロフィール ≫ weblog ≫


weblog

2017.6.21

0000477539.jpg
今日はウッドデッキと、正面垣根のペンキ塗り作業でした。
​写真は塗り始める前の状態です。

強い日差しと乾燥気味の空気のお蔭で仕事が大変順調に進みました。
正面の垣根は確か6年程前にお作りしたと思うのですが、日当たりの良い場所で日々日光に照らされていたので、板はペンキをぐんぐんと吸い込んでいきました。

ついつい先延ばしにしがちなペンキの塗り直しですが、長持ちさせる為にも板がボロボロになる前にぜひ塗り直してみてください。(始めてしまえば、意外と楽しい作業ですよ!)
​ペンキについてですが、舘造園ではキシラデコール、またはオスモの2度塗りをおすすめしております。

2017.6.18

0000476737.jpg
昨日、朝8時半頃の東京は国立(くにたち)、駅前の大学通りです。
街路樹と歩道の雰囲気が天下一品!といつも思います。
私はこの街路樹の剪定作業ではなく、お庭のあるお宅へ伺いました。

最近、東京方面からの帰り道では守谷のパーキングに入っている「せたが屋ラーメン」でラーメンを食べ、「一本列島」というお店で焼き鳥をお土産(自分と家族用)に買って帰るということが多いです。
ちょっと体に悪そうですが、ぜひお試しください。



2017.6.16

-
アヒルの出てくる夢を見て目覚め、起きて、窓の外を見ると・・・このカラスの子供が目の前にいて、大変驚いた朝でした。(夢ではなく現実でカラスの子供が鳴いていたようです。)

まだ飛べない子供のカラスが、親のいる大木から落っこちたようで、親も頭上で必死に鳴いているのですが、とにかく飛べないのでもどかしい状態です。

その後、猫がこのカラスを狙いにきましたが、親ガラスが襲撃し子はとりあえず助かりました。 が、しかし飛べないので今後はどうなるのでしょうか。

私はカラスが大変苦手ですが、こういう状況を目の前にすると「がんばれ!飛ぶんだ!」となっています。 でもこのくちばし、子供といえども怖いです。

2017.6.14

0000475668.jpg
ヒメシャラ 。
昨日は植木畑のヒメシャラの木を大胆に剪定しました。
ヒメシャラに毛虫はいなかったはずなのですが、自分の首も手も毛虫にやられていました。
恐らく周囲の木から落ちた毛虫でしょう。
テーブルの上のシャラはすまし顔ですが、これを活けた人は今日も痒くてたまりません。

2017.6.12

-
今朝、朝顔が2輪咲いていました。
期間限定で楽しむ植物ならではのこの感動。

今年は苗床に種まきをしてから移植してみましたが、直播(じかまき)した時と今のところあまり差は感じません。

2017.6.9

0000474539.jpg
午前中、4年前に作庭させて頂いた茨城県内のお客様のお宅へ、消毒の為伺いました。
写真は玄関を出た時の眺めです。
お客様にも樹木にも、心からありがとございますという気持ちになります。

お客様のお宅へ伺うと自分の庭もきれいにしよう!と思うことがよくあります。
​思うのですが、なかなか、できず。


2017.6.7

0000474014.jpg
朝採り野菜ならぬ、朝採り下草!

本日はこれらを持って作庭中のお庭に植栽しています。
写真にあるのはシロヤマブキ、アカメシダ、コムラサキシキブ、セキショウ、ヒメゼキショウ、ツワブキ、ヒメリョウブ、シャガ等。 水場のある庭に似合うように選びました。

2017.6.6

0000473803.jpg
田んぼの水に青空と雲とがくっきりと映し出されるこの季節、トラックの座席は高い為、その美しい田んぼをさらに気持ちよく眺めることができます。(*ずっと眺めているのは助手席の人だけです)

つい先ほど、午後7時の空。本当に日も長くなりました! 


2017.6.5

-
今朝のパクチーの花とジャガイモの花(奥ですが見えますか?)です。
このパクチーとジャガイモの畝の間に土曜日、サツマイモの苗を20本植えました。
植えましたがお見せできたものではないので、この写真でお茶を濁しました。

そして昨日は用事があって干し芋の産地でもあるひたちなか市へ行ったのですが、右も左も整然とした美しい眺めのサツマイモ畑で圧倒されました。

ひたちなか市といえばネモフィラが人気の国営・海浜公園ですがサツマイモ畑は渋滞もなく見られますよ~。

2017.6.2

0000472784.jpg
昨年から梅干し作りを始めました。

お客様から「意外に簡単なんですよ、ジップロックでもできますよ」と教えて頂き作ってみたら本当に意外と簡単で楽しかったのです。
もったいないからと少しずつ食べてきましたが6月に入ったのでもう安心です。

この写真では完璧に見える(見せている)梅干しですが実は皮が少し硬いのが課題です。

庭にも南高梅の実がなりますがそれは梅酒用でこの梅は買いました。
​これほどきれいな状態で大きく実をならす為には・・・消毒、だと思いますができるだけ想像しないようにしています。


​以上、舘悦子でした。


モバイルサイト

tachizoenスマホサイトQRコード

tachizoenモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!